さいのめ

観た映画の感想などなど。

タグ"鬱"を含む記事

スポンサーサイト  [edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  << 参加中!>> にほんブログ村 映画ブログへ

スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

レビュー:セブン  [edit]

 今回はサスペンスでーす。監督曰く、ホラー映画らしいけど。
 
『セブン』
 デイヴィット・フィンチャー監督 1995年

セブン [DVD]
 定年間近のベテラン刑事サマセットと、彼のもとに着任してきた新米刑事ミルズ。そして彼らの前に起こる、「七つの大罪」をなぞらえた猟奇的な連続殺人事件。
 始めこそ息の合わない2人だったが、徐々にうち解け、コンビとして事件の真相を追っていく。
 だがそんな2人をよそに、犯人は異常な殺人を重ねていく…。

 
 この手の映画に関してはあんまりネタバレしたくないんで、軽めですがあらすじはこんなもんで。
 
 この映画最大の魅せ場は、ラストシーン手前の2人と犯人の会話の場面です。
 淡々と自身の犯行について語りだす犯人。自信にあふれた犯人の語り草は、その内容に妙な説得力を与えます。絶対に間違っているはずなのに、自己中心的な屁理屈にすぎないはずなのに、観ているうちにどこか否定できない気がしてきてしまう。私たちが抱える心の闇の部分をうまくあぶりだすように描いたフィンチャー監督には、ただただ脱帽です。
 
 2人の刑事のコントラストも印象的。その個性的な2人に扮するモーガン・フリーマン、ブラット・ピットの好演も光ります。特にラストシーンの悲しい表情が何とも…。
 
 絶望的な終わり方で、胸が痛くなる映画だけど、一度は観ておいて損のない超一級のサイコスリラーです。
 …ただ殺人の方法がものすごくエグいので、グロ耐性のない人は注意。
スポンサーサイト

  << 参加中!>> にほんブログ村 映画ブログへ

 [ Tags ]  洋画  サスペンス  スリラー  サイコ   

△page top

レビュー:リリイ・シュシュのすべて  [edit]

 最初はとにかくこの映画にしようと決めていたので。
 たぶん、僕が一番影響を受けた映画です。
 
『リリイ・シュシュのすべて』
 岩井俊二監督 2001年

リリイ・シュシュのすべて 通常版 [DVD]
 いじめグループに目をつけられ、こき使われる主人公。そんな彼の拠り所は、劇中の歌姫リリイ・シュシュ。 リリイを聴いてるときだけ、彼はエーテルで満たされる。エーテルが彼を受け入れ、苦痛を忘れることができる。
 
 途中に挟まれる1年前の明るい記憶と、今現在抱える苦悩。
 14歳の小さな世界に残酷すぎる現実によって、彼を守っていたエーテルが徐々に毒気を帯びていく様子は、観ている方も辛い。心地よい映像と音楽が、その無情さをさらに際立たせてくれる。
 
 高校1年の春、初めてこの映画を観ました。
 当時は岩井俊二の名前すら知らなかったのですが、映像を通して突きつけられるいろいろな感情の波と波長が合ってしまった当時の僕は、入ってきた情報を処理しきれずに大混乱してしまい… 結果、いまだに続く重度の中二病を患った上、高校生活を創作テレビドラマの制作に捧げることを決めたのでした(苦笑)

 久しぶりにこの映画を見て感じたことは、当時とは違う、主人公を始めとした登場人物への「哀れみ」。
 僕がこの映画を達観できるくらい成長したということなのか、単にこの映画に慣れてきてしまっただけなのか…。理由ははっきり分かりません。
 でも、それもいいと思いました。この映画は、そういう映画なんだと思います。また数年後この映画を見たときには、またきっと違う映画のように感じるのでしょう。

 間違いなく好き嫌いは分かれるだろうし、声高にオススメはできないけれど。
 でも、思春期を経験したことのあるみんなに、ぜひ一度は見てほしい映画です。

  << 参加中!>> にほんブログ村 映画ブログへ

 [ Tags ]  邦画  青春   

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。