さいのめ

観た映画の感想などなど。

タグ"家族"を含む記事

スポンサーサイト  [edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  << 参加中!>> にほんブログ村 映画ブログへ

スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

レビュー:ビッグ・フィッシュ  [edit]

 大学院の入試が本格的にヤバかったこともありまして、ここ2週間くらいは映画を見るのを控えておりました。おかげさまで、映画館に行きたくて行きたくてしかたがありません(苦笑)
 前から観たいと思っていた映画が8月1日に公開になるので、他に気になってた映画も併せて、近いうちに4本くらい一気に観てこようと思いまーす♪
 
 とりあえず一つ目の入試が終わったということで、前から観よう観ようと思っていたDVDを1本消化しました。今回はその感想でも。
 
『ビッグ・フィッシュ』
 ティム・バートン監督 2003年

ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディション [DVD]
 ウィルの父エドワードは、明るく社交的で、「作り話」を自分の体験談のように面白おかしく人に聞かせるのが得意だった。しかし、幼い頃から何度もその「作り話」を聞いてきたウィルはいつも家を留守がちで本当のことを話そうとしないエドワードに対して、複雑な思いを抱いていた。
 ウィルは妻と二人で実家を離れて暮らしていたが、父が倒れたという知らせを受けて実家へ帰ることに。数年ぶりに会話をするウィルとエドワード。相変わらず「作り話」ばかりしようとするエドワードに対して、ウィルは「本当のことを話してほしい」と思いをぶつけるが・・・。

 
 家族から遠ざかって生活しているせいか、最近「家族」がテーマの作品にちょっと弱いです…(苦笑)
 
 父エドワードが話すエピソードは、とても事実とは思えないような不思議な話ばかり。その内容はいつだって大冒険だし、エドワードはいつだってヒーローです。
 たしかに聞いてる分には楽しく聞ける話ですが、たまにしか話ができず、その内容もほら話ばかりとなると、子どもとしてはたまったもんじゃないかもしれません。
 「本当の父さんを見せて」「私はいつだって自分そのものだ!」…本当に不器用な親子です。
 
 2人に深い溝があった分、ラスト、ウィルがエドワードへ語りかける中で溝が埋まっていく様子には何とも言えない感動を覚えます。2人が分かりあえて本当に良かった。事実かどうかなんて、大した問題じゃないんです。本当に大事なのは、その中に込められた想いを伝えることなんだから。
 
 映像の完成度の高さに関しては、流石はティム・バートン!といったところですねー。
 トーンの違う現在と過去のシーンを、丁寧に織り交ぜながら展開されるストーリー。一つ一つのシーンがとても洗練されていて、監督の映像に対するこだわりが観ているこっちにもビシビシ伝わってきます。
 特殊効果やパペット、CGまで使いこなして、ここまで自然な映像に仕上げることができる人って、他にいないんじゃないでしょうか? 夢とも現実ともつかない映像を撮らせたら、やっぱりこの監督はピカイチです。
 
 どんな人にもお勧めできる、良作のファンタジー。
 ティム・バートンって、ホラーめいた映画ばっかり作ってるイメージがあったのですが、こんなに素敵なファンタジー映画も撮れるんですね。僕の中でイメージがずいぶんと変わりました。
 これは、来年春公開の「アリス・イン・ワンダーランド」にも期待できそうです☆
スポンサーサイト

  << 参加中!>> にほんブログ村 映画ブログへ

 [ Tags ]  洋画  ファンタジー  家族 

△page top

レビュー:東京物語  [edit]

 このブログ初の白黒作品のご紹介。古いモノにも素敵な作品がいっぱいあるんですよ♪
 
『東京物語』
 小津安二郎監督 1953年

東京物語 [DVD]
 東京旅行を兼ね、離れて暮らす子どもたちのもとに、はるばる尾道から訪ねることになった老夫婦。
 長男夫婦や長女夫婦の家に厄介になる老夫婦だったが、長男も長女も両親のことより自分たちの生活で手一杯。そんな子供たちに代わって、老夫婦に東京を案内するのは、第二次大戦で戦死した二男の妻、紀子だった。
 実の子どもたちのどこか冷めた様子に寂しさを感じつつも、「楽しかった」と言い残して老夫婦は尾道へ帰っていく…。

 
 戦後間もないころの映画ですが、描かれているテーマが今に通じるところもあり、現代人の私たちから観てもハッとさせられる映画だと思います。特に、親元を離れ、大した距離じゃないのにろくに実家にも帰らない、まるで誰かさんのようなバカ息子には少々堪えますよ、きっと…。はぁ。
 
 この作品で僕が何よりも推したいのは、その独特な作風です。後から調べてみたところ、「小津調」という名前が付いているんだとか。
 
 作中の至る所に登場する登場人物の会話シーン。これが、上半身アップのカットだけでつながれます。
 淡々と同じカットを繰り返すだけ、変化らしい変化のない映像。なのに、観ていてこんなに迫ってくるのは、訴えかけてくるのはどうしてなんだろう。
 ちょっと技術的っぽい話になりますが、映像をかじったことがある人の常識として、似たアングルを繰り返しちゃいけないとか、イマジナリーラインを超えちゃいけないとか、御法度とされていることがいくつかあるんです。観ている人に飽きさせたり、違和感を与えたりしてしちゃいけませんからね。
 ところが、この映画ではそれが生き生きとした映像に仕上がっている。変化のなさが、かえって僅かな変化を際立たせているとでもいうのでしょうか。登場人物の感情の変化がじわじわ伝わってきます。
 こんな表現方法があるなんて思いもしなかった。そして何より、その表現方法を大成功させている小津安二郎監督のセンス。とにかくハンパないです。
 
 高校生のうちにこの映画に出会っていたかったな。そしたらきっと、部活でやっていたドラマ制作にも多大な影響を与えてくれていただろうと思います。間違いなく、ひとつの目標になってたと思います。
 
 この東京物語が僕にとって初めての小津作品だったので、他の小津監督の作品も観てみようと思います。白黒の作品が苦手という人も、だまされたと思って是非。

  << 参加中!>> にほんブログ村 映画ブログへ

 [ Tags ]  邦画  家族 

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。